Archive for 3月, 2009

床暖房の上に直接寝転がって、低温やけどにならない?

q 床暖房の上に直接寝転がって、低温やけどにならない?

a

床に寝転がると、からだが密着する床面の温度が上がります。これを「閉そく温度」といい、高すぎると低音やけどの可能性があります。

温水式床暖房なら、接触面の温度は通常40℃以上にならないため、低音やけどの心配はほとんどありません。

(ただし、設定温度が40℃以上の場合には低温やけどの可能性は否定できません。)

床暖房をした床にじゅうたんを敷いても平気ですか?

q 床暖房をした床にじゅうたんを敷いてもいいの?

a

床とじゅうたんの間に熱がこもり、床材がひび割れ・変形・収縮・変色などの不具合が生じることが考えられます。
また、お部屋が温まらないこともありますので、おすすめはしていません。

床暖房の上にピアノを置いても大丈夫?

q床暖房の上にピアノを置いても大丈夫?

a

はい。
大丈夫ですが、ピアノや冷蔵庫などの重いものをおく場合は一点に集中して荷重がかからないよう、受板・パットなどの緩衝材を敷いてください。

床暖房がいい理由は?

q床暖房がいい理由は?

a

床材の下に設置されたパネルに、給湯器からの温水を循環させて室内を暖めます。
ヒーター式に比べてランニングコストが安く、広い面積をムラなく長時間暖めるのに適してます。

伝導熱+輻射熱で足元から体全体をやさしく暖め、いわゆる「頭寒足熱」になります。
お年寄りや子供のいる家庭でも安心で、空気の乾燥や、ハウスダストも抑えられます。

部屋全体が暖かくなるので、他の暖房機器はあまり必要ありません。
限られたスペースを有効に使うことができます。エアコンなど違い、ホコリやダニの死がい、カビなどを舞い上げません。
掃除も簡単、お部屋をクリーンに保てます。

どんな部屋にも設置できますか?

qどんな部屋にも設置できるの?

a

床暖房は、一戸建て住宅、集合住宅のどちらにも設置できますが給湯器の設置場所や新築・既築(リフォーム)によっては不可能な場合もあります。

また現状の床をいかしたり、新しい床材を上から貼ることもできます。

仕上げの床材もフローリング、タイル調、畳、カーペットなど、用途、お好みに合わせて選べます。
リビングはもちろん寝室や子ども部屋、キッチンなどにもおすすめです。

水漏れをおこすことはありませんか?

q水漏れをおこすことはありませんか?

a

一般的に温水が流れるパイプは、耐圧・耐熱と耐久性に優れた架橋ポリエチレン管を使用していますので、釘などの突起物を直接刺したりしない限り水漏れの心配はほとんどありません。